神戸市中央区三ノ宮 統合医療 フラワーロード服部内科です。
からだの不調を体調のせいにしてませんか?自覚症状にたよりすぎてませんか?


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


服部内科より重要なお知らせ

<来院の前に>
(1)常用しているお薬やサプリメント、また他院で臨時に処方されているお薬などが正確にわかるようにご準備ください。例えばお薬手帳など。
(2)今までにかかった病気や手術、また血縁のご家族の病気などもお尋ねします。
(3)1年以内の人間ドックや健康診断また他院での諸検査などのデータがあればご持参ください。
(4)禁煙外来は完全予約制です。
初診時の所要時間は1時間かかるため予約枠が限られています。予約変更はなるべく早くご連絡ください。
<初診時のお願い>
(1)発熱している方や激しい咳症状がある方には院内でマスクの着用をお願いしています。
(2)初診時には尿検査を行いますので、お手洗いを済ませずにお越しください。
(3)問診票は診察時の大切な資料ですので裏表ともできるだけ詳しくご記入ください。

 

*

2017年4月と5月の臨時休診のお知らせ

4月6日(木)は事務作業、5月1日(月)2日(火)は院長学会出席のため休診させて頂きます。

服部内科では看護師(パートタイマー)を募集しています

看護師さん(パート)を募集しています。(2017/3/24 UP)
・今回の募集はパートさんに限らせていただきます。
・勤務時間など詳しくは078-222-5566までお気軽にお問い合わせください。
*** フラワーロード服部内科はこんな医院です。 ***
・服部内科の診療理念  
・統合医療について
・院長紹介

服部内科 看護師募集のバナー
 

 

神緑会ニュースレター(神戸大学医学部同窓会誌)に出稿しました。

新緑会ニュースレター 第7巻 第2号(2015年8月31日発行)
2014年9月山中伸弥京大教授(神戸大学卒)の会でご一緒した神戸大学医学部同窓会長前田盛先生のお勧めで、同窓会誌に統合医療のことを投稿しました。内容は2015年4月師匠アンドルー・ワイル博士の来日講演です。神戸っ子として地元神戸への郷土愛をこめて書きましたのでどうか御一読下さい。
山中先生

>>>掲載記事の詳細はここをクリックしてください。

 

 

フラワーロード服部内科とナースによるボディケアのコラボ

 

看護師経験者が教師!新ヨガ教室

 

2015年春来日されたワイル博士が20年以上指導している4-7-8呼吸法も取り入れて呼吸の大切さを体験していただくことができます。

ヨガ教室関連記事-----------
ヨガセラピーについてのお知らせ

 

健康雑誌「わかさ」(2月号)に当院院長が出稿しています。

こうべ健康大学 設立記念講演会  ----高血圧特集----
睡眠不足と浅い呼吸で高血圧を招く人が多いが、就寝前の鎖骨ほぐし「4-7-8呼吸」で防げる
・米国の著名な大学教授が考案
・4つ数えて息を吸い8つ数えながら吐く
・床に就いて数分で眠れる人も多い
4-7-8呼吸は胸いっぱいに酸素が充満し、すぐ寝つけると評判の米国発の呼吸法で、安部首相も実践
・高血圧の他、不整脈の改善にも有効
・息をゆっくり吐き、深く吸い込む呼吸法
>>>>>詳しくはここをクリック

2012年6月 「統合医療とは何か?がわかる本」出版

これから統合医療を「受ける」「学ぶ」すべての方におすすめします。題名通り、「統合医療とは何か?」がわかる本です。下の大目次をクリックすると小目次がご覧いただけます。

はじめに 新たな医療のかたちへ  ・・・2頁
本書によって出会うであろう読者の皆様に、より正しく、新たな医療のかたち「統合医療」をご理解いただけることを願っています。---- 
 (日本アリゾナ大学統合医療プログラム修了医師の会一同 一部抜粋)
序章 日本へ統合医療を!  ・・・11頁
私は、日本がようやく統合医療を受け入れる準備が整ったと考えています。そして、統合医療がおおいに日本の国益に貢献すると信じています。---- 
 (アンドルー・ワイル博士 序文より一部抜粋)
1章 統合医療の概念  ・・・19頁
統合医療とは  ・・・20頁
「統合」と「併用」の認識の違い  ・・・25頁
補完代替医療の問題   ・・・29頁
<JPIMAA>の考える統合医療  ・・・34頁
日本の統合医療の現状と課題  ・・・37頁
統合医療とEBM  ・・・42頁
統合医療における治療法の選択  ・・・51頁
統合医療の原則  ・・・53頁
統合医療の成熟過程  ・・・57頁
誰が統合医療医になるのか  ・・・57頁
北米での統合医療  ・・・60頁
北米での統合医療の教育  ・・・65頁
北米での統合医療の診療  ・・・65頁
アメリカ統合医療学術連合(CAHCIM)の役割  ・・・68頁
総括  ・・・70頁
2章 アリゾナ大学統合医療プログラム(PIM)  ・・・73頁
プログラムの成り立ち  ・・・74頁
プログラム参加者数の推移と参加地域  ・・・74頁
フェローシップの参加者  ・・・76頁
カリキュラムの内容  ・・・77頁
レジデンシャル・ウィーク  ・・・79 頁
奨学金制度  ・・・83頁
臨床研修医を対象としたプログラム  ・・・83頁
フェローシップの内容の一部を体験できるプログラム  ・・・84頁
栄養と健康(Nutrition&Health)カンファレンス  ・・・84頁
3章 アリゾナ大学統合医療プログラム(PIM)を修了した
   9名の医師たち  ・・・87頁
日本の医療を救う大きな力に  ・・・88頁    
 (服部かおる フラワーロード服部内科)    
新たな医療への試み  ・・・99頁    
 (小池弘人 小池統合医療クリニック)    
田舎における予防型統合医療を目指す  ・・・111頁    
 (山本竜隆 朝霧高原診療所)
医師の心のゆとりを医療の現場に  ・・・121頁    
 (佐藤浩子 群馬大学医学部付属病院救命・統合医療センター)    
自然治癒力を最大限に活かす ・・・132頁    
 (堀田由浩 統合医療希望クリニック)    
統合医療は家庭医の必須アイテム  ・・・142頁    
 (伊藤京子 名古屋大学大学院医学系研究科・健康社会医学専攻総合診療医学専門)    
和漢診療を軸足に統合医療へ  ・・・158頁    
 (織田聡 富山大学大学院医学薬学教育部・東西統合医学専攻)    
人生を生ききる旅への智慧  ・・・169頁    
 (原田美佳子 メディポリス医学研究財団・がん粒子線治療研究センター)
救急医療と統合健康法  ・・・181頁    
 (濱田賢治 那覇市立病院急病センター・内科救急科)
4章 <JPIMAA>へのメッセージ  ・・・195頁
アリゾナ大学統合医療プログラムによる統合医療の定義  ・・・196頁  
 ヴィクトリア・メイズ Victoria Maizes,MD アリゾナ大学医学部教授
 ティエラオナ・ロウドッグ Tieraona Low Dog,MD アリゾナ大学医学部准教授
発刊に寄せて  ・・・200頁
 ランディー・ホロヴィッツ Randy Horwitz,MD アリゾナ大学医学部准教授
最高の医療を目指して  ・・・202頁
 帯津良一 帯津三敬病院名誉院長
医療の風景を一変させよう  ・・・205頁
 上野圭一 翻訳家・日本ホリスティック医学協会副会長    
ワイル博士の大笑い  ・・・209頁  
 龍村仁 映画監督
5章 もっと統合医療を知るための参考情報  ・・・213頁
統合医療に関するサイト情報  ・・・214頁 
アリゾナ大学統合医療プログラムを写真で紹介するページ  ・・・216頁    
寄稿原文  ・・・218頁
日本アリゾナ大学統合医療プログラム修了医師の会<JPIMAA>について  ・・・223頁
おわりに  ・・・226頁
----

>>>詳細はここをクリックして下さい。  >>>アマゾンで購入する。

アンドルーワイル氏のページを新設いたしました。

アンドルーワイル博士のページを新設しました。 当院院長の服部は2001年から2 年間アリゾナ大学統合医療講座アソシエート・フェローシップにて、それまでワイル先生来日のたびに教えを乞いながら独学で続けてきた統合医療の総仕上げを完了しました。 そのような関係から、今回の来日を機に、日本でもそろそろワイル氏の記事が多く見られることもあっての新設です。
ワイル博士の動画や雑誌のインタビュー記事、来日時の写真など、盛りだくさんのコーナーですので、是非一度ごらんください。
2010年9月7日更新。伊勢ガイアシンフォニー試写会にて来日された折の写真をアップしています。
>>>詳細はここをクリックして下さい。

カウンター